auスマートパスプレミアム

建国記念日、旧暦の正月説について検証します

日本の建国記念の日が旧暦の正月に関連しているという説について説明します。

この説は、日本の神話における天皇の即位が旧暦の正月に行われたとする考えに基づいています。日本では、神武天皇が即位した日を国家の成立日としています。古代の日本では旧暦が使用されていたため、神武天皇の即位日は旧暦の正月にあたる可能性があるとされるのです。

しかし、実際のところ、神武天皇の即位日を特定する具体的な記録は残っておらず、その日付は伝説の域を出ないため、この説は確固たるものではありません。現在の建国記念の日(2月11日)は、明治時代に制定されたもので、その日付は神話に基づいて選ばれましたが、旧暦との直接的な関連性を示す確かな証拠はありません。

結局のところ、この説は興味深い考え方の一つであるものの、定説として受け入れられているわけではなく、神話や伝説に由来するものです。現代の建国記念の日は、神話を元に制定されたが、具体的な旧暦の日付と直接結びつける証拠は不足しています。


今だけ!
新刊の漫画
殆どの日用品
完全に無料!

すぐに使えます!
初回なら完全無料!

⇩今すぐお申込み⇩

スマートパス

auスマートパスプレミアム