auスマートパスプレミアム

ハイデガー 基本情報 まとめ

こんにちは、皆さん!

今日は、ドイツの哲学者マルティン・ハイデッガー(Martin Heidegger)についてお話ししたいと思います。

ハイデッガーは、20世紀を代表する哲学者の1人として知られています。彼の哲学は、存在論と呼ばれる分野に属し、人間の存在そのものを探求することを目的としています。

彼の代表的な著作の1つは、「存在と時間」(Sein und Zeit)です。この著作では、彼は「ダーゼイン」という概念を提唱し、人間の存在そのものを分析しています。彼は、人間が世界に存在することによって、自己を理解することができると主張しています。

また、ハイデッガーは、技術や科学などの現代社会の問題についても関心を持っていました。彼は、現代社会が人間の存在を抑圧していると考え、人間が本来持っている可能性を再発見することを提唱しました。

ハイデッガーの哲学は、その複雑さから批判もされていますが、彼の考え方は多くの哲学者や思想家に影響を与えています。

以上、ハイデッガーについての紹介でした。ありがとうございました!

In Heidegger’s philosophy, “possibility” (Möglichkeit in German) has a very specific meaning. For Heidegger, possibility refers to the potentiality or capacity of something to become or to be realized in the future. It is closely related to his concept of “being,” which he also calls “being-there” or Dasein.

Heidegger argues that human beings, as Dasein, are characterized by their openness to possibilities. Unlike other beings, which are limited to their given nature or essence, human beings have the ability to project themselves into the future and to realize their potentialities. This means that human beings are always in a state of becoming, of being able to be otherwise than they currently are.

According to Heidegger, this openness to possibilities is what gives human beings their sense of meaning and purpose in life. By recognizing and embracing the possibilities that are available to us, we can give shape and direction to our lives and create a sense of fulfillment.

However, Heidegger also warns that our modern, technological society has led us to forget about our fundamental openness to possibilities. By focusing too much on efficiency and productivity, we have lost touch with the deeper dimensions of our existence and have become estranged from our true selves.

In conclusion, for Heidegger, possibility is a central concept that captures the essential nature of human existence as Dasein. It is through our openness to possibilities that we can find meaning and purpose in life, and it is by recognizing and embracing our potentialities that we can live authentic and fulfilling lives.

ハイデッガーの哲学において、「可能性」(Möglichkeit)とは、あるものが未来になる可能性や実現の能力を指す概念です。この「可能性」は、彼の「存在」や「ダーゼイン」とも密接に関連しています。

ハイデッガーは、人間はダーゼインとして、常に可能性に開かれていると主張しています。他の生き物と異なり、人間は未来に自分自身を投影し、自分自身の可能性を実現する能力を持っています。つまり、人間は常に変化し続ける存在であり、現在の自分とは異なる存在になる可能性があるということです。

ハイデッガーによれば、この可能性に開かれた状態こそが、人間が人生に意味を見出す源泉であり、存在意義を生み出すものだとされます。自分に開かれた可能性を認識し、それに向かって生きることが、人生を形作り、充実させるための鍵だと彼は考えています。

ただし、現代社会が効率性や生産性を追求しすぎるあまり、人間の可能性に関する意識が薄れているとハイデッガーは指摘しています。人間の本来的な存在の深層と切り離され、自己を見失うことになると警告しています。

要約すると、ハイデッガーにおいて「可能性」とは、ダーゼインとしての人間存在の本質的な特徴を表す概念であり、可能性に開かれた状態こそが人間が存在意義を見出すための源泉であるとされます。また、自分自身に開かれた可能性を認識し、それに向かって生きることが、人生を充実させるための鍵だということになります。


今だけ!
新刊の漫画
殆どの日用品
完全に無料!

すぐに使えます!
初回なら完全無料!

⇩今すぐお申込み⇩

スマートパス

auスマートパスプレミアム